カテゴリー: 鉄道模型
投稿者: iss
issでございます。初投稿になります。よろしくお願いします。

さて今回のテーマは伊豆急2100(リゾート21)。
既にKATO・マイクロから各種仕様で製品化されており、手元には都合4本が揃っています。


ところがこの秋より実車(3次車)は100系カラー・ハワイアンブルーの装いとなるとのことです
http://www.izukyu.co.jp/ir/newsletter/230818.pdf

» 続きを読む

カテゴリー: 鉄道模型
投稿者: なべTEA
直近で購入した電気機関車2台、これらをウェザリングしてみましたのでご紹介いたします。

製品のままではどうにも納得いかないワタクシ、機関車、電車、気動車…問わずウェザリングでガッツリ汚してしまう傾向にあります。


そんなわけで今回の2台はともに長野県に縁が深い、EH200(KATO)とED62(TOMIX)です。


ED62-17
車体の方は一切加工していません。付属のパーツを取り付け、TNカプラーへの交換を行っただけです。
見えない所ではライトをオレンジLEDから電球色LEDに変えたりしているのですが、それは私のブログの方ででも…(笑

実車は豊橋機関区(一部は伊那松島機関区)に所属し、飯田線で貨物輸送にあたっていました。
国鉄の貨物釜と言えばもうドロッドロに汚れたイメージを持っているため、このような強めのウェザリングを行いました。
ブルトレ牽引機の艶っぽさとはまた違ったかっこよさがあります。

前面にはエナメル溶剤で薄めたタミヤ「セミグロスブラック」を流しています。
これをはみ出すことを気にしない…どころか一回全面に塗りたくったあと、エナメル薄め液を付けた綿棒で拭きとっています。実車も汚れを拭きとるわけですから、汚れが残る部分が自然に残る、というわけです。

錆色に使用した色はMr.COLORの「ダークアース」。これを適当に薄めて吹きつけています。
車体へのマスキングなどは一切せず、エアブラシの吹き出し口を細めて少しずつ少しずつ色をのせていきます。前面のガラスなどが気になるなどする方はそこだけマスキングしても良いでしょう。

実車は窓ガラスだけ拭かれていたり、ワイパーの可動範囲だけがキレイだったりと様々。このウェザリングという世界はそれぞれの好みが出る面白い世界ではないでしょうか。

EH200_roof
続いてEH200です。
こちらも強めのウェザリングを行いました。
JR化後、特に最近のハイテクロコはキレイに洗浄されて走っていることが多いのですが、一度だけ見た酷い汚れた釜が忘れられず…

そしてこれだけ強く汚したのにはもう1つ理由が。

EH200_side
実はナンバープレートをタミヤ緑キャップで接着剤を流し込みつつ固定していた際、不覚にも車体表面に指を伝って接着剤が流出、小範囲でしたが簡単なタッチアップじゃ誤魔化せないぐらいに塗装を侵食してしまいました。
近似色を作ってタッチアップするもみるに堪えない状況、それを隠すためのウェザリングとなりました。

近くで見るとやっぱり荒れてるんですが、うす~く目をほそ~くして見ればまぁ見れないこともないような状況まで持ってこれました。
この場合タッチアップの上から茶色を塗って隠してる、とも言えますが…(苦笑


機関車を汚して釜を並べてはニヤニヤしてしまうわけですが…
避けて通れくなってしまうのが「牽くもののウェザリング」です。
コンテナにしろ車扱貨物にしろ汚さずに製品のテカテカ状態では明らかにバランスがとれなくなってしまいます。

こうして次々とウェザリングスパイラルにはまっていってしまうわけです(笑

今度はお得意、気動車のウェザリングについてもご紹介できればと思います。
カテゴリー: 鉄道模型
投稿者: 谷風皐月
こんばんわ、谷風皐月です。
今回は私がこの前買いました鉄道模型のお話―

しばらくは9000系や8500系など東急電鉄の車両の増備が続いておりましたが、
久しぶりにJR車を導入しました。

» 続きを読む

カテゴリー: 鉄道模型
投稿者: Pierre2427
鉄道模型の非常に惜しい点、
それはどんなに見た目を忠実に再現できても、
「音」を忠実に再現することはできない点ではないでしょうか。

確かにTOMIXの「TCSパワー&サウンドユニット N-S2-CL」を
使用すれば、擬似的な音は出せますが、車両自体から音は
出せませんし、車両以外からの音は再現できません。

一方、HDビデオやサウンドレコーダーにより、
実車の映像や音は多数収録してきた筆者。
これを何とか生かせないものか・・・

そこで、模型の「映像」と実車の「音」を合成してみて
効果を確かめることにしました。

» 続きを読む

カテゴリー: 鉄道模型
投稿者: 谷風皐月
今回は私がこの前買いました模型の新車のお話―

先日、東急9000系大井町線の記事を上げたと思いますが、
実はそれ以外にも車両を買っておりました。

それが、下の写真―。

100系新幹線

今では懐かしい新幹線となってしまった、100系V編成「グランドひかり」です!

私がまだ幼かった頃は0系が「こだま」中心ながらも圧巻の16両編成で活躍し、
300系は「のぞみ」専用として輝いていた時代―。

東海道新幹線のダイヤの中核が「ひかり」だった頃、その中心にいた車両が
100系新幹線でした。なかでも2階建て車両を編成に4両も連結した
この「グランドひかり」はいまでも私の中で最も豪華な新幹線として記憶に残っています。

※実際に乗車する分にはE5系新幹線のグランクラスやN700系の方が豪華かもしれませんが…。

しかし急速に進んだ新幹線の進化には逆らえず、現在では山陽新幹線区間の「こだま」用として
6両編成(当然2階建て車両は連結していません。)がわずかに残っているのみで、
来年春までに完全に引退をするそうです。

ならば模型でかつての輝きを!ということで購入となりました。

最初の写真を見てもおわかりのとおり、実は既に1編成所有していたのですが、
昔は当たり前の光景だった100系「ひかり」のすれ違いをやってみたかったので、
もう1編成を今回購入したというわけです。

ちなみに何故わざわざ同じ「グランドひかり」を買ったかというと・・・
単に2階建て車両4両同士のすれ違いが見たいという私的ロマン?のためです。

黄金期!

撮れない・・・

ということで、先日知人と一緒に模型を走らせた際に早速展開してきました。

走らせている分にはすごく感動するものがあり、良かったのですが・・・・
やはり16両編成の新幹線は長すぎていい写真が撮りづらく、余りいい写真が。。。
今後撮るには工夫が必要です。


ちなみに当「たまでんクラブ」では中京支部があるため、その地域の車両も
展開して行く予定?です。
なのでいつか東海道・山陽・九州新幹線をテーマにした運転会もやってみたいですね。
mySQL error with query SELECT COUNT(*) as result FROM nucleus_plug_multiple_categories as p, nucleus_item as i, nucleus_member as m, nucleus_category as c WHERE i.iblog=1 and i.iauthor=m.mnumber and i.icat=c.catid and i.idraft=0 and i.itime<="2017-10-22 19:01:49" and i.icat=14 AND i.inumber=p.item_id AND p.categories REGEXP "(^|,)14(,|$)" AND NOT i.icat=14 : Table 'tamaden-club.nucleus_plug_multiple_categories' doesn't exist

ページ移動 前へ 1,2, ... ,13,14,15 次へ Page 14 of 15