カテゴリー: 京阪電鉄
投稿者: 谷風皐月
さて、次に私がやってきましたのはー。

京阪電鉄 鳥羽街道駅

・・・おそらく2018年で、私が最も多く訪れた撮影場所であろう鳥羽街道駅。

ここ鳥羽街道駅といえば、京阪本線だけでなくJR奈良線の列車も撮影できる場所ということで、今年度で2編成が廃車となり、残り4編成となった5ドア車の5000系と、こちらも残り数本となったJR103系の両方が撮れるかも・・・と欲望だらけ(笑)で撮影に挑んだものの、【二兎を追う者は一兎をも得ず】ー。

この日は1時間も滞在することができなかったとはいえ、両車とも見かけることはありませんでした。

ただ前照灯がLED化された2600系30番台や、【中之島線開業&3000系登場10周年記念】ヘッドマークつきの3000系などを撮影できましたし、本命は別でしたので全く問題ありませんでした(笑)

» 続きを読む

カテゴリー: 京阪電鉄
投稿者: 谷風皐月
京阪電鉄 中書島駅

宇治線沿線で「響け!ユーフォニアム」ヘッドマーク&10005Fを全力で撮影した後は再び中書島駅へー。

そしてそのまま下り(大阪方面)ホームの京都寄りで、京阪本線の下り列車を(メインにちょこっとだけ宇治線も)撮影することにしました。

こちらも京阪本線の午後の撮影地としては定番といえる場所の一つで、撮影者の方がいらっしゃることも多いのですが、例によってこの日は私だけ。

・・・これはチャンスとカメラを構えたものの、こちらの場所で撮るのはすごく久しぶりだったので、上り列車と下り列車が被らないようシャッタータイミングを図ったり、晴れたかと思えば突然の曇りで露出の調整が必要だったりと、(いつもながらの)悪戦苦闘の撮影となりました(笑)

それでも何本か撮影しましてー。

» 続きを読む

カテゴリー: 京阪電鉄
投稿者: 谷風皐月
京阪電鉄 宇治線

宇治駅に到着し、いったん10005Fを見送った後は、ホームの中書島寄り先端でこの日宇治線を走っている全ての編成(4編成)を撮影することにしました。

この日、宇治線を走っていたのは10000系が1編成(10005F)、13000系が3編成(13005F、13006F、13025F)ー。

幌付きの13003Fや、幌座付きの13002Fの姿はなかったものの、またもや7両編成→4両編成へ短縮された20番台の編成を撮影することができました。

・・・もはや13000系20番台の編成組み換え(7両編成2本→4両編成と8両編成1本ずつ)はそんなに珍しくない、ほぼ日常な?風景になった感じがします。ひとまず6000系のリニューアル工事が続いている限りはまだまだ見られるのでしょうね。


とりあえずこの日、宇治線を走っている全ての編成を把握しましたので、メインターゲットはやはりということでヘッドマーク付きの10005F(よりもむしろヘッドマークそのもの?)とし、場所を変えて撮影することにしました。

» 続きを読む

カテゴリー: 京阪電鉄
投稿者: 谷風皐月
京阪電鉄 10000系

こんばんは、谷風皐月です。
・・・という訳で、またまた京阪電鉄の沿線へ遠征に行ってまいりましたので今回からそちらのお話。

今回は久しぶりに「たまでんクラブ」メンバー全員が集まる遠征となったのですが、私の仕事が非常に忙しい10月での開催ということで、珍しく私が遅れて合流することに。

ただ想定していたよりも早く仕事が片付いた(というよりも超頑張って片づけた)ので、「たまでんクラブ」の本隊?が他のエリアで遠征を行っている間、一足先に独りで京阪電鉄の沿線へー。


この日は9月のダイヤ改正以降、初めての訪問となったのですが、私が真っ先に向かったのは京阪本線ではなく宇治線ー。狙いは例によって?【響け!ユーフォニアム】記念ヘッドマークをつけた10005Fでした。

6月30日に行った時には、中書島駅に到着したタイミングで10005Fが宇治線ホームに停車しており、活動初っ端から大喜びした(http://tamaden-club.sakura.ne.jp/index.php?itemid=3753&catid=24)のですが、果たして今回はー。


京阪電鉄 響け!ユーフォニアム

この日「も」中書島駅の宇治線ホームで私を待っていたのはほかでもない10005Fでした。

・・・我ながら相性の良さというか運の良さに喜びを爆発させたものの、同時にこれは中書島駅ホームのお蕎麦屋さんで取ろうと思っていた昼食が抜きになるという、全力撮影モードの開始を告げる瞬間でもありました(笑)

» 続きを読む

カテゴリー: 鉄道模型
投稿者: 谷風皐月
さて、ひたすらエメラルドグリーン(青緑1号)の画像ばかりが続いた(笑)私にとって初めての103系の模型記事も今回が最後ー。

残ったGREENMAX製品とKATO製品を中心に、もう1編成組むことにしました。

常磐線 103系

という訳で、組んだのは基本編成となる10両編成。
モデルはマト6編成です。例によって1997年の編成表を参考にしました。

ちなみにこのマト6編成、第4回目の記事でも組んだ編成ですが、(http://tamaden-club.sakura.ne.jp/index.php?itemid=3882#more)改めて同編成の特徴をざっくり記載しますと・・・。

・先頭車(クハ)・・・両先頭車とも高運転台。
・中間車(モハ)・・・0番台は非ユニットサッシ窓とユニットサッシ窓の両方、1000番台のユニットがそれぞれ1組ずつ。
・中間車(サハ)・・・全て非ユニットサッシ窓車なものの1両はクーラーがAU712形。

となっておりまして、今回模型で再現するにあたって使用した車両は以下のとおり。

・GREENMAX製品・・・4両(モハユニット1組、サハ2両、ただし足回りは2両KATO。)
・マイクロエース製品・・・2両(1000番台のモハユニット1組)
・KATO製品・・・4両(両先頭車、モハユニット1組)

第4回目の記事からの変更点としては、TOMIX製品を別の編成に充当した代わりに、KATO製品を組み込んだところです。

・・・あくまで個人的な感覚ですが、TOMIX製品を抜いたことで第4回目の記事で組んだ時よりも全体的にエメラルドグリーンの色調は近づいたような気がします。

» 続きを読む

ページ移動 1,2, ... ,207,208 次へ Page 1 of 208